《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性

《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性



《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:14/3/03


メタボリックシンドロームのリスクが上がっていけば、
医師はもちろん減量を勧めます。

しかし医師の言う「減量」は体重を減らすことではなく、
内臓脂肪を減らすことを指しています。

メタボリックシンドロームは生活習慣病を発病させる原因ですから、
早めに解消すべきなのです。

つまり、
体操不足や偏っているご飯で蓄えてしまった
内臓脂肪を減らすことに目的があるというわけです。

内臓脂肪が残っているのがいけないのではなく、
過剰にあることが問題なのです。

適正な状態で内臓脂肪が残っていれば、
内臓を守るという本来の働きをしてくれるのです。
しかし過剰になると、内臓の働きを邪魔してしまいます。

ですから
やみくもに体重を減らすという減量を行っても、
内臓脂肪が落ちていかないという状態になる方もいるので、
その場合は減量方法を見直す必要があるわけです。

実は、内臓脂肪って皮下脂肪よりも落としやすい脂肪なんです。

呼吸や会話ができるほどの有酸素体操をこまめに行っていくだけでも、
内臓脂肪はかなり落ちていきます。

ご飯メニューにも気を配る必要があることは確かですが、
皮下脂肪より結果が出やすいようです。

ところが体操で落としても、
ご飯の中の塩分や脂質が過多であれば、
残念ながら、内臓脂肪はすぐに増えていきます。

生活習慣病を防ぐご飯メニューには、適度な塩分、脂質を加え、
体操をライフスタイルの中に加えていくことが、
アンチエイジングを考える減量では、重要になるのです。

いわば若い頃の減量とは、方法が変わってくるんですね。

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)
《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性

《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

《レーシック情報》手術中に痛みを感じることはほぼ無い
《レーシック情報》豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
《レーシック情報》感染症にかかってしまわない為の配慮
《レーシック情報》レーシックで遠視の矯正も可能
《レーシック情報》レーシック後の効果が安定する期間
《レーシック情報》レーシックの後遺症は一時的
《レーシック情報》どの程度視力が回復するのでしょうか
《レーシック情報》老眼の悩みもレーシックにお任せ
《レーシック情報》レーシックで失明をしてしまう可能性
《レーシック情報》片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)全てを把握、そして理解してレーシック