《レーシック情報》レーシックの後遺症は一時的

レーシックの手術を行ったことによって生じる可能性のある後遺症としては「目の充血」「目が沁みる」などがあります。
手術直後の一時的なものとなっており、長くても一週間程度で落ち着くものですので、そこまで心配をする必要はありません。

 

視力の低下というのは、近視の程度が酷ければ酷いほど、その可能性が高くなってくる後遺症と言えます。
なので事前の検査である程度のレーシックのリスクを理解しておきましょう。
現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。 レーシックをすることで視力が再び低下してしまうなどの症例はほとんどありえません。
もし視力が低下してしまっても、角膜の厚みがまだ十分に残っている状態でしたら、再度レーシックの手術を受けることが出来るのです。





データベース サーバーの情報
URL:http://cloudpack.jp/service/plan/database.html
データベース サーバー


《レーシック情報》レーシックの後遺症は一時的ブログ:18/12/26

みなさま、こんばんわっすー。

昔は、身長から110を引いた数値が、理想の体重と言われていましたが、
これは美容体重であり、あまり健康的な数値ではないと指摘されています。

現在でも、この美容体重を目標に
シェイプアップするようなエステもあるようですが、
健康的な体重が算出できるのはBMIという方法です。

「BMI=体重kg÷身長m×身長m」で、22が理想の体重になります。

ただ、美容体重よりも重くても標準や、痩せぎみと判断されるので、
シェイプアップしている人の目標体重と思われがちですが、
体重と身長だけで判断するのは早計だと言えます。

現在、体重計を使って、
シェイプアップを行っている方がほとんどだと思いますが、
体重ほど当てにならないものはないんですよね。

一流のアスリートは引き締まった美しい体質ですが、
体重を調べると、想像よりも重い場合が多いのです。

逆に体重が軽く、スリムな体質のモデルさんが、
内臓などに脂肪が多くついていて、
いわゆる「隠れ肥満」に陥っていることも珍しくありません。

体重の数値より重要なのは、体質の脂肪と筋肉の割合なのです。

痩せて引き締まった体質は美しいですが、
筋肉がなくて細い体質は病的ですので、肥満度は体重が決めるのではなく、
脂肪の割合が決めるのだと意識しましょう。

シェイプアップとは、本来、健康上の問題で体重を減らし、
脂肪の割合を減らすのが最大の目標です。

しかし、全く健康なのに、痩せた体質を手に入れたくて
シェイプアップを行っているのですから、
健康的で美しい体質にする為に、
脂肪率と骨格筋量も計測できる体重計を使いましょう。

・・・と、こんな事書いてみる