《レーシック情報》レーシックで遠視の矯正も可能

レーシックにおきまして遠視の矯正をすることが出来るのか?という問い合わせが各病院に多く寄せられているようです。
これはレーシックで遠視の矯正を行うことは十分に可能ということなのです。

 

レーザーで形を整えることの出来る角膜の厚みが十分に確保されている時には、レーシックで遠視を矯正させることが出来ます。
もし心配なようでしたら、一度事前検査をしてもらうと良いでしょう。
実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 そもそもレーシック手術は、目の表面にある角膜の形を自分の目の形に合わせるようにしてレーザーを使って調節していきます。
そして光の屈折を正しい状態にして焦点を合わせていく手術なのです。



《レーシック情報》レーシックで遠視の矯正も可能ブログ:18/6/18

自分じゃ飲まないつもりでも
社会人になると
「23時のお付き合い」って増えますよね〜?

居酒屋などに行くと、どうしても
高カロリーの食べる事が多くなりがち…

でも、
仲間たちと居酒屋に行くと、
自分だけ食べないように…なんて、なかなかできません。

ですから、
ダイエット中、居酒屋に行く時には、
いくつかのポイントに注意しましょう!

まずは、食べるメニュー。

いかに努力をしたところで、
居酒屋のメニューは高カロリーのものが豊富。

ですから、
直近の食べる事をどうにかすればいいのです。
結局はトータルのカロリーですから。

例えば、
飲み会があることが分かれば、
その日のあさ食や11時食は少なめにする…

もし急に決まった場合は、
1日後の食べる事を控えめにするといった方法です。

そうすれば、たとえ居酒屋で
カロリーオーバーになったとしても
プラスマイナスゼロにすることができます。

また、
ソフトドリンクを効率的に
取り込むようにしましょう。

別にずーっとソフトドリンクを
飲み続けている必要はありません。

周りに気を使わせてしまいますし、
何よりなんて、ぼくお酒が大好きですし…

なので、合間合間に
ウーロン茶などを入れるようにしています。

お酒というのはそれだけでも
かなりのカロリーがあります。

多少の違いはありますが、
お酒はコップ一杯で150キロカロリー程度。

ごはんで換算すると、
ごはんを軽く一杯といったところでしょうか?

何杯もお酒を飲めば、
かなりのカロリーになってしまうんです。

そこで、ウーロン茶を要所要所で飲みましょう。

ウーロン茶ならノンカロリー。

またウーロン茶などの水分を摂取することで、
飲んだお酒の代謝を高めることもできますよ!