《レーシック情報》レーシックで遠視の矯正も可能

レーシックにおきまして遠視の矯正をすることが出来るのか?という問い合わせが各病院に多く寄せられているようです。
これはレーシックで遠視の矯正を行うことは十分に可能ということなのです。

 

レーザーで形を整えることの出来る角膜の厚みが十分に確保されている時には、レーシックで遠視を矯正させることが出来ます。
もし心配なようでしたら、一度事前検査をしてもらうと良いでしょう。
実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 そもそもレーシック手術は、目の表面にある角膜の形を自分の目の形に合わせるようにしてレーザーを使って調節していきます。
そして光の屈折を正しい状態にして焦点を合わせていく手術なのです。



《レーシック情報》レーシックで遠視の矯正も可能ブログ:19/1/12

あたくしには0歳と3歳になるムスメがいます。
その二人のムスメを保育園に預け、
仕事をしながら、バタバタと家事に追われ…

夕方の忙しい時など、
あたくしに余裕がないせいか、
特に3歳のムスメには
いつも怒った口調で話していました。
「早くしなさい」「何やってんの」

あたくしのイライラがムスメに伝わってか、
ムスメもわぁわぁ泣きわめきます。
そんな連日が続いていました。

おととい、新しい絵本を購入しました。
「ちょっとだけ」という絵本です。

内容は、まさに我が家と同じで
お姉ちゃんになった女の子が主人公。

いつもママに甘えたいのに
ママは赤ちゃんのお世話で忙しいので、
なかなか言い出せず…

お姉ちゃんはいつもちょっとだけ我慢して
自分一人で頑張っているのです。

牛乳を冷蔵庫から取り出して
こぼしながらもコップに入れたり、
パジャマのボタンも難しいけれど自分でやって着てみたり…

でも夕方寝るとき、
どうしてもママにだっこしてもらいたくて、
「ママ、ちょっとだけでいいからだっこして…」
と言いました。

するとママは言います。
「ちょっとだけじゃなくて、いっぱいだっこしていい?」
その間、赤ちゃんにはちょっとだけ我慢してもらいました…
というお話です。

その絵本を読んでいる時、
ムスメの目には涙がポロンと出ていたのです。

そして読み終わった後、
「ママ、ちょっとだけだっこして」
と言いました。

あたくしは0歳のムスメを置いて、
お姉ちゃんをぎゅっとだっこしてあげました。

うわあーん!とムスメは号泣しました。
なにか小さいながらにも我慢をし、感じていたのでしょうか。

でも反省するのはあたくしのほうで、
いつもムスメに怒ってばかりで、思えば冷たい言葉ばかりでした。

きっと嫌な思いをしていたんだろうなぁ…
ごめんね。